学科紹介 About program

歯科衛生士学科 授業の紹介

本校では、臨床講義から基礎実習まで多種多様な授業が行われます。特に臨床実習は附属歯科医院で数多くの臨床的体験をすることができ、卒業後の就職先でも強い自信となります。

スケーリング実習(1年次履修)

患者さまの歯面に付着しているプラーク(歯垢)や歯石を取り除く技術を習得する為の実習です。 この実習は、卒業後の就職先でも重要になります。基本をしっかり学ぶため、模型上でトレーニングをします。

患者さんの歯面に沈着している歯石と付着しているプラーク(歯垢)を取り除くための歯科衛生士には大変重要な基本となる実習です。使用する器具の操作法などを治療用模型で練習します。

臨地実習(2年次後期〜3年次前期履修)

歯科医院で行われる臨床実習の他、保育園、小学校、中学校、障がい者施設にて実習を行います。 また、横浜市の「歯の衛生週間」での公衆衛生活動のお手伝いも行います。

小児の顎の機能や口腔内の疾患について学びます。また小児の心理状態と体の両面からの発達を理解し歯科医療に対応する事を目的とした授業です。

救急処置・心肺蘇生法(3年次履修)

横浜市消防局 西消防署のご協力のもと、普通救命講習の資格を取得します。 緊急時の心肺蘇生法やAEDの使用方法を学びます。

日本赤十字社が行っている講習を受講後試験合格で救急法救急員の資格を取得します。病気やけがから生命を守り、傷病者に対する適切な応急手当の知識と技術を習得します。

ページ上部へ

  • 在校生の約4割が高校既卒者
社会人・大学生・フリーター
の方はこちらへ
ー 歯科技工士学科 ー
  • 資料請求
  • 体験入学・学校見学会申込受付中
  • 会場説明会
  • アクセスマップ
  • 横浜歯科技術専門学校のBLOG ブログ 随時更新中!
  • 携帯から資料請求ができます。http://www.y-dentdtc.ac.jp/m/ モバイルサイトこちらからどうぞ